子供から大人まで家族のかかりつけ医を目指しています。

クリニック
tel.0877-22-7311

リハビリ室
tel.0877-22-7312


バイオセラピー(再生医療)SPECIALITY

PFC-FD™療法

血小板の働きを利用した関節治療です。

PFC-FD™(Platelet-Derived Factor Concentrate Freeze Dry)とは「血小板由来成長因子濃縮液を凍結乾燥保存したもの」という意味です。血小板が傷を治す際に放出する『成長因子』を活用し、人体がもともと持っている「治癒力」を高める新しい治療法です。

著名なプロスポーツ選手が怪我の改善に活用したことで話題になった「PRP(多血小板血漿)療法」があります。PRPには、主に血液中の血小板や白血球に由来する成長因子やサイトカインなどの生理活性物質(bioactive substance)が豊富に含まれており、これらが患部の治癒を促すことが知られています。
PFC-FD™も同様に自己由来の生理活性物質が豊富に含まれていますが、調製の過程で血小板や白血球などの細胞成分は取り除かれており、生理活性物質だけで構成されている点が特徴です。PFC-FD™療法はそのPRP療法を応用した技術で、現在ではPRP療法と同様に関節症、関節周囲の靭帯や軟部組織の治療に活用されています。

PFC-FD™に含まれる主な成長因子

PDGF-a/b 血小板由来増殖因子 血管新生や細胞増殖を促進する
TGF-β 形質転換成長因子 線維芽細胞やコラーゲン合成を促進する
bFGF 線維芽細胞増殖因子 線維芽細胞の増殖と血管新生を促進する
VEGF 血管内皮細胞増殖因子 血管内皮細胞の増殖や血管新生を促進する
EGF 上皮細胞増殖因子 他成長因子の効果を増強させる

期待される効果

炎症を抑え痛みや腫れといった症状の緩和が期待できます。効果は個人差があるものの、概ね3ヶ月から半年ほど持続すると見られ、この間に運動療法で患部周辺の筋肉を鍛え関節への負荷を減らし、QOL(生活の質)の改善へとつながります。また、運動がしやすくなるこの期間に減量することで好循環を獲得できる可能性もあります。

整形外科の治療の中では保存療法(内服治療、関節注射、生活指導、運動療法、装具療法)で治療効果が期待できなかった場合には、手術療法が今までの治療の流れでした。

その間の新たな架け橋としての治療、場合によっては第1の治療としてバイオセラピーを活用することが可能になります。

治療のながれ

血液は厚生労働省の認可を受けた細胞加工センターで製造を行います。

①診察

バイオセラピーの適応があるか問診・診察致します。
治療を希望された場合は採血の日にちを後日でご予約していただきます。

②採血

49mlの採血を行います。

PFC-FD™の製造*
③患部へ注射

PFC-FD™を患部に注射します。

*採血からPFC-FD™までの製造過程については下記の「採血した血液の加工の過程」を参照にして下さい。

バイオセラピー(再生医療)とリハビリテーションの相乗効果

PFC-FD™療法の治療効果を最大限に引き出すには、患部の治療だけでなく、日常生活における注意点を理解し、正しい身体の動かし方の習得や正しい動作に必要な筋力の獲得など、全身機能のトータル・バランス・コンディショニングの考え方がとても重要です。

特に、PFC-FD™を患部に投与して自己修復力の活性化が高まっている時期に、理学療法士とともに集中して運動療法に取り組むことは、再生医療の効果を一層高めることが期待されます。

注意事項

セルソース株式会社

厚生労働省許可の特定細胞加工物製造施設

「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に対応した体制、特定細胞加工物の製造許可を受けた施設で加工・培養を行っています。

*特定細胞加工物製造許可[施設番号:FA3160006]

① 抽出(PRPの作製)
遠心分離機にかけ、PRP(多血小板血漿)を作製します。
② 活性化
塩化カルシウムを加えることによりPRP内の血小板が持つ成長因子を活性化させます。
ただし活性化時には、血小板の働きの一つであるカサブタを作る働きも活性化するため、PRPが凝結しはじめる”ゲル化”を引き起こして注射ができなくならないよう、凝固阻害成分も投与しながら活性化を行います。
③ セルフリー加工
「セルフリー加工」とは「無細胞加工」と訳され、作製されたPFCに残った細胞を専用のフィルターを使用して濾過することにより除去します。なるべく成長因子が直接患部に届くようにこの処理が行われます。
④ フリーズドライ
無細胞加工が施されたPFCを凍結乾燥します。凍結乾燥することにより長期保存(約6か月間)と輸送の簡便化が実現できます。また、成長因子成分の含有量やその働きに対してこの凍結乾燥技術による影響はなく、生理食塩水で溶くことで元の状態へと戻すことができます。フリーズドライ後のPFCが「PFC-FD™」と呼ばれる状態です。これで「PFC-FD™」の完成です。

金額

診察・治療費 165,000円(税込)※検査代含む

PFC-FD™療法は、保険適用外(自費診療)です。治療費は全額、先払いとなります。

PFC-FD™は、感染症検査(HIV、HBV、HCV、梅毒、HTLV-1)が陰性の方のみ提供が可能です。

血液検査の結果、治療ができない場合は、血液検査にかかる費用(17,600円(税込))をご負担いただきます。

※検査の結果治療できない場合は血液検査代のみかかります。

キャンセル費用(解約手数料)に関する注意点

PFC-FD™は、セルソース再生医療センターに血液到着(加工開始)した時点で、正規費用が発生いたします。
そのため、PFC-FD™を注入されなかったとしても、キャンセル費用(血液採取等にかかる費用、PFC-FD™材料・加工費用)として148,500円(税込)をご負担いただきます。

なお、セルソース再生医療センターに血液が到着前の場合は、キャンセル費用(血液採取等にかかる費用)として、6,600円(税込)をご負担いただきます。

PFC-FD™は、セルソース株式会社の保有する商標です。

〒763-0082 香川県丸亀市土器町東7丁目886

Tel.0877-22-7311

 受付時間
 9:00~18:00

Tel.0877-22-7311

受付時間 9:00~18:00

診療時間
9:00 » 12:30
14:00 » 18:00
※整形外科 午前 9:00 » 12:30
      午後 14:00 » 17:00(火曜は18:00まで)
※毎週土曜(第4土曜除く)
伊坂陽 診察
日本整形外科学会専門医
日本体育協会公認 スポーツドクター